離婚・交通事故・企業法務をはじめ様々な法律問題を取り扱う、札幌とくみつ法律事務所


離婚問題・慰謝料


離 婚

多数の解決実績!離婚問題を重点的に取り扱っています

 離婚問題、離婚後の問題、慰謝料請求などは、早めに弁護士にご相談いただくことで、その後の相手方との交渉を有利に進めることができるケースが多々あります。また、不利な条件での離婚や、離婚後の無用なトラブルを回避することも可能となります。
 また、離婚事件では、初めから裁判で闘うのではなく、まずは調停で話し合いの場を持たなければならないというルール(調停前置主義)があるなど、民事事件とは異なる点が多々ございます。
 当事務所では、離婚問題に力を注ぎ、積極的に取り扱っておりますで、このような離婚問題の特殊性に適切に対応することが可能です。
 当事務所の弁護士は、これまで北海道の離婚問題、離婚後の問題、慰謝料請求などを数多く取り扱ってきた実績があり、少なく見積もってもこれまで500件以上のご相談を承ってきました。そして、これまで多数の案件に携わってきた当事務所だからこそ可能となる高度な交渉テクニック、的確なアドバイスがあると自負しております。
 離婚についての交渉や調停、訴訟はもちろんのこと、婚姻費用や養育費を争点とする事件、慰謝料に関する事件、親権や面会交流、子の引き渡しを争点とする事件なども多く取り扱ってきましたので、まずはお気軽にご相談ください。

離婚問題に関する主なご相談事例

  • 離婚したいが、相手に応じてもらえない。
  • 突然の離婚要求を拒否したい。
  • 婚姻費用や養育費について不安がある。
  • 不倫に関して慰謝料を請求したい。あるいは、慰謝料を請求されている。
  • 相手に弁護士がついていて、どう対応すればいいのか不安。
  • 財産分与をきっちりと行いたいが、不安。
  • 子との面会交流を実施させてもらえない。
  • 親権を獲得したいが、どうすればいいか分からない。
  • 連れ去られた子の引き渡しを請求したい。

皆様にご安心頂けるように、
誠実かつ丁寧な対応を心がけています

 当事務所は、人々が安心して暮らすことのできる社会づくりを理念としています。
 離婚問題で頭を悩ませ、日々の暮らしで心休まることがないという皆様に「安心」をお届けするため、当事務所は誠実かつ丁寧な対応を心がけております。
 一人で悩み続けるのは大変な精神的負担です。
 離婚問題の悩みに押し潰されてしまう前に、まずはお気軽に当事務所までお問い合わせください。
 なお、札幌市営地下鉄「西11丁目」駅2番出口から徒歩1分、札幌市電「中央区役所前」駅からすぐというアクセス便利な立地に事務所を構えており、コインパーキングも事務所周辺に多数ございます。

〜離婚手続きにおいて弁護士に依頼するメリット〜

①自分の代理人である弁護士に効果的な主張立証をしてもらえる

 離婚手続きは大きく分けて、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3種類があります。
 協議離婚は裁判所外での話し合いですが、調停と裁判は、裁判所での手続きとなります。
 したがって、裁判所で行う手続きである以上、むやみに主張をするのではなく、法律や裁判例を踏まえた上での効果的な主張立証を行うことが重要となります。
 調停は話し合いを基調とする手続きではありますが、調停委員が法律や裁判例を踏まえて話し合いを進めますので、これらを踏まえた主張立証はやはり重要と言えます。
 また、調停委員はあくまで中立的な立場の方々ですので、自分の代理人として効果的な主張立証を行ってくれる専門家は、弁護士だけということになります。

②離婚についての話し合いが大きく進む可能性が高い

 離婚問題に関する法律相談で相談者の方がよく言われるのが、「当事者どうしでは話し合いにならない。話が進まない。」というお悩みです。
 離婚問題は金銭的な問題や親権問題だけでなく、相手が感情的になってしまい、話が進まないという大きな問題がしばしば内在しています。
 このような場合、離婚問題の専門家である弁護士が間に入ることにより、話し合いが大きく進む可能性が高いのです。

③離婚に関連する様々な法的手続きを選択肢に入れることができる

 離婚に関連する法的手続きは、離婚調停、婚姻費用分担調停、調停が不成立となった場合の訴訟や審判、子の引き渡しを求める審判・保全処分、不倫相手に対する慰謝料請求訴訟など、様々な手続きが想定されます。
自分でこのような手続きを全て把握し、全てを選択肢に入れることは至難です。
 弁護士は法的手続きの専門家ですので、どのような法的手続きにも対応することが可能である上、最善と考えられる法的手続きに導いてくれます。

④随時弁護士に相談することができ、精神的な安心感にもつながる

 離婚問題は、当事者間で話し合いを行うだけでも大変な精神的負担となります。
 その上、親権や財産分与などの法的問題が発生した場合、自分で手続きを進めると、「法的に不利な進め方をしているのではないか。」「自分の主張を上手く伝えることができていないのではないか。」などの不安が常につきまといます。
弁護士に代理人となってもらうことで、これらの精神的負担が大きく解消されますので、この点も弁護士に依頼する大きなメリットと言えるでしょう。

相談料

初回1時間ご相談料0円
(※営業時間外でのご相談は1時間5000円(税抜) その場で正式依頼の場合は無料になります)
継続相談 3時間まで15,000円(税抜)
初回相談以外で、継続的に相談したい方向けのサービスです。


 当事務所では、通常のご相談は30分5000円(税抜)ですが、離婚問題や不貞慰謝料問題については、相談者様がお気軽にご相談頂けるように、初回相談無料としております。
 じっくりとご相談頂けるように、初回1時間のご相談を無料としております。
 また、夜間や土日祝などの営業時間外でのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください(営業時間外でのご相談は1時間5000円(税抜)の相談料が発生しますが、その場で正式依頼となった場合は、相談料は無料となります)。
 さらに、初回相談の終了後も、継続的に相談したいというご要望にお応えするため、1万5000円(税抜)で合計3時間まで相談が可能となる継続相談サービスをご用意しております。継続相談サービスをご利用頂いた場合は、面談でのご相談のみならず、メールや電話でも弁護士に相談することが可能となります。

ご相談について

メールでの法律相談予約は24時間受付中です!

 メールでの法律相談予約は24時間受け付けております。
 事案の概要などをメールでお送り頂くと同時に、ご相談希望日時についてもメールでお知らせ頂ければ、速やかに当事務所において受付の対応をさせて頂きます。
 メールでの法律相談予約をどうぞお気軽にご活用ください。

他士業や他業種との連携

 夫婦が離婚する場面では、法律の問題だけでなく、様々な問題が生じます。
 例えば、財産分与として不動産の所有権移転登記をするという内容の調停が成立したとします。
 この場合、所有権移転登記手続をすることが必要となりますので、登記の専門家である司法書士の力を借りなければなりません。
 また、離婚によって生活はがらりと変わりますので、例えば、保険を改めて見直したいなどの悩みが生じてくる可能性があります。
 この場合、保険代理店において保険についての見直し相談をすることができれば便利です。
 札幌とくみつ法律事務所では、司法書士や税理士、保険代理店などの他士業・他業種とのネットワークを有しておりますので、以上の各種相談にスムーズに対応することができます。

離婚情報ポータルサイト「リコネット」掲載の記事を執筆中

 

  離婚問題に関する有益な情報が数多く掲載されている、日本最大級の離婚情報ポータルサイト「リコネット」に弁護士徳満が執筆した記事が掲載されています。
 「リコネット」は、横浜と東京に事務所を構え、離婚問題に特化した弁護士法人プロキオン法律事務所が運営していますが、当事務所は弁護士法人プロキオン法律事務所と提携し、北海道の離婚問題についてのエキスパートとして、「リコネット」の記事を執筆しております。

<リコネットはこちら>
http://riko-net.com

離婚問題について弁護士へ依頼するタイミング

 離婚問題について弁護士に相談する方は数多くいらっしゃいます。
 しかし、いざ弁護士に離婚相談をしようと考えても、一体どういうタイミングで相談に行けばいいのか、よく分からないかもしれません。
 以下、緊急度別に具体例を挙げながら、当事務所の考える、弁護士のところへ離婚相談に行くべきタイミングをご説明します。

【緊急度低】念のため弁護士に相談をしても良いタイミング

 「緊急度低」とは書きましたが、実はこのタイミングでご相談頂くのがとても重要なケースもあります。
 風邪は引き始めの対応が大事と言いますが、離婚問題も早めの対応が大切なケースが多々あります。

離婚の話が進んでいるが、離婚条件に疑問がある場合

 当事者間で離婚に向けての話が進んでいるものの、養育費や財産分与などの離婚条件について疑問がある場合、念のため弁護士に相談すると良いでしょう。
 離婚条件の内容だけでなく、公正証書の形式とするなど、形式面についても併せてご相談されることをお勧めします。
 一度正式に取り決めた離婚条件は、後からは覆すことができないおそれが大きいです。
 内容が妥当ではなかった、漏れがあったなど、後から気づいてもあとの祭りとなってしまいかねません。

これから離婚協議をしようと思うが、不安が大きい場合

 これから離婚協議をしたいと考えるものの、配偶者の性格その他の事情などから揉める可能性が高い場合、予め弁護士に相談してもよいと思われます。
 特に心配な点を弁護士に伝え、予め準備できることや対処すべきことについて確認しておくことをお勧めします。
 すぐに弁護士に依頼する必要がなくとも、事前段階から継続的に弁護士に相談しておけば、いざという時にそのまま相談してきた弁護士に依頼できるので安心です。

配偶者の不貞が発覚した場合

 配偶者の不貞が発覚した場合、どのように対処すればいいのか混乱してしまうかもしれません。
 そのような場合、弁護士に一度相談することをお勧めします。
 すぐに行動には移さなくとも、弁護士に継続的に相談するのは有効です。

【緊急度中】弁護士への相談をおすすめするタイミング

当事者間では離婚の話が進まない場合

 配偶者が感情的になってしまうなど、当事者間ではどうにも離婚協議が進まない場合、弁護士への相談をお勧めします。
 弁護士が入ることにより、進展のなかった離婚協議や離婚調停がスムーズに進んだというケースは多くあります。

配偶者や不倫相手に対して慰謝料を請求する場合

 配偶者やその不倫相手に対して慰謝料を請求する場合、自分自身で対応することも考えられますが、できれば弁護士へ一度相談することをお勧めします。
弁護士に依頼するのが困難な場合は、最低限、継続的に請求内容や請求方法などについて弁護士に相談するのがよいでしょう。

【緊急度高】すぐに弁護士に相談した方がよいタイミング

配偶者に弁護士がついた場合

 配偶者の代理人弁護士から通知が届くなど、配偶者に弁護士がついた場合、こちらもすぐに弁護士へ相談した方がよいでしょう。
 弁護士を相手に交渉や調停を自分自身で行うことは、法的な面で不安になるだけでなく、精神的にも不安になってしまうことが多いです。
 できればこちらも弁護士に相談の上、代理人となってもらうのがよいでしょう。

弁護士や裁判所からの手紙が届いた場合

 弁護士から慰謝料請求の通知書が届いた場合や、裁判所から調停の申立書などが届いた場合、当事者間だけでの話し合いを行うことはもはやできませんので、弁護士への相談を行った方がよいでしょう。
 特に訴訟にまで発展した場合、自分自身で対応するのは非常にリスキーです。

解決事例

離婚問題 解決期間 5ヶ月

夫から一定の解決金を支...

相談者は夫と6歳の子どもの3人で暮らしていました。 相談者としては夫と悪くない関係にあると考えていましたが、夫 […]
離婚問題 解決期間 3ヶ月

不倫慰謝料を請求された...

相談者は既婚者の男性と不倫関係を持ってしまった女性でした。 ある日、相談者のもとに、男性の妻の代理人弁護士から […]
離婚問題 解決期間 4ヶ月

離婚を成立させ、不貞に...

夫の不倫が発覚し、相談者である妻が家を出て別居に至ったものの、その後、離婚に関する話が進まなかったため、当事務 […]
離婚問題 解決期間 7ヶ月

弁護士が介入して話し合...

性格の不一致などの理由から相談者である夫が離婚を希望しているものの、妻は離婚に応じてくれないままであるため、別 […]

離婚に関する法律コラム

手続きの流れ

あなたに安心を与える、
最善のリーガルサービスを

交通事故の被害に遭い、怪我をされた方、後遺症が残ってしまった方、家族を亡くしてしまった方は当事務所へご相談ください。交通事故について数多くの実績を有する当事務所の弁護士があなたの力になります。

パートナーと離婚したい、慰謝料を請求したい、慰謝料を請求されている、離婚調停の対応をしてもらいたいなど、離婚問題に関する様々なケースに対応いたします。当事務所は各分野の中でも離婚問題を最も多く取り扱っておりますので、安心してご相談ください。

遺言書を作っておきたい、相続放棄の手続きをしたい、遺産分割の対応をしてもらいたい、遺留分の主張をしたいなど、遺言・相続についてのご相談は当事務所までお問い合わせください。必要に応じて弁護士以外の専門家とも連携し、安心のワンストップサービスを提供させて頂きます。

認知症を患っている親族の不動産について適正な処分ができない、親族の財産を管理しているが専門家に管理してもらいたい、財産の全部又は一部の管理・処分を家族に任せたいなどのご相談は当事務所へ。当事務所は、法定後見、任意後見、家族信託、遺言などのあらゆる方法の中から、あなたにとって最善の方法を見つけ出します。


自転車操業状態で借金の返済に困っている、借金を整理したいが自宅を守りたい、過去の返済分について過払い金が発生しているかもしれない、などのご相談は当事務所へ。当事務所は、任意整理、自己破産、個人再生、過払い金請求などの全てに対応することができます。一人で借金問題を抱え込まず、まずは当事務所へご相談ください。

警察から捜査を受けている、家族が捜査を受けている、家族が逮捕された、被害者との示談について相談したいなど、刑事事件・少年事件についてのご相談は当事務所へ。刑事弁護は早期対応がとても重要です。当事務所には迅速な対応により刑事・少年事件を解決に導いてきた実績があります。

自社が継続的に相談し、いつでも頼ることのできる顧問弁護士を見つけたい、契約書や法的文書の作成やチェックをしてもらいたい、従業員による不正に対応してもらいたいなど、企業法務に関するご相談は当事務所へ。当事務所は札幌のみならず、北海道内全域に顧問先の企業様を抱えております。顧問弁護士サービスを是非ともご検討ください。

弁護士から通知書が届いた、賃貸している不動産について賃料滞納が続いている、インターネット上のトラブルが生じた、貸したお金が返ってこないなど、法的トラブルが生じた場合には当事務所までご相談ください。当事務所の弁護士が親身にご相談に乗り、適切な対応をさせて頂きます。